TOP > 内閣府青年国際交流事業の紹介

内閣府青年国際交流事業の目的は?

国際交流を通じた相互の理解と友好の促進を目指して

航空機による派遣・招へい事業及び船による多国間交流事業を通じた日本と諸外国の青年の交流により、青年相互の理解と友好を促進するとともに、青年の国際的視野を広めて、国際協調の精神を養い、次代を担うにふさわしい青年を育成することを目的としています。

現在行われている内閣府青年国際交流事業は?

現在は、以下の6つの事業があります。
リンクをクリックすると、内閣府ウェブサイト内の事業紹介ページに移動します。

  • 国際青年育成交流
  • 日本・中国青年親善交流
  • 日本・韓国青年親善交流
  • 世界青年の船
  • 東南アジア青年の船
  • 青年社会活動コアリーダー育成プログラム
  • 参加するには?

    毎年3月頃に内閣府ウェブサイトで参加青年の募集が始まります。

    応募する事業によって年齢制限や語学要件が異なりますので、詳しくは内閣府ウェブサイトで確認してください。

    参加後は?

    事後活動組織( 日本青年国際交流機構) に入会し、国際交流活動、青少年活動等の社会活動を活発に行います。

    また、参加した事業ごとにそれぞれ同窓会活動を展開しており、参加後も国際交流活動に積極的に参加することができます。

    内閣府青年国際交流事業の流れ

    内閣府による事業紹介パワーポイント

    内閣府による事業紹介パワーポイントをこちらからダウンロードすることができます(内閣府了承済み)。
    ※平成30年度事業説明用(2018年6月19日更新)

    ページトップへ