fbpx

「次世代リーダーを育成し、地域活性化・国際社会へ貢献する」

  • HOME
  • IYEOについて

1.国際理解を深め、国際親善に寄与します

Contribution to global understanding and international friendship.

2.広く社会貢献を目指します

Contribution to society.

3.会員相互の交流と研鑽を図ります

Interaction amongst the members.

*日本青年国際交流機構規約 第1章総則 第2条目的より


日本青年国際交流機構(International Youth Exchange Organization of Japan 略称 IYEO)は、昭和34年度から始まった内閣府(総理府・総務庁)が行ってきた青年国際交流事業(※1)の既参加青年、および一般・賛助・団体・名誉会員で組織されており、会員数は1万7千3百人(現存会員約1万3百人)に達しています。

沿革をたどると、昭和36年、「青年海外派遣」事業の既参加青年組織として「日本青年海外派遣青友会」が結成され、次いで昭和43年「青年の船」の既参加青年組織として「青年の船の会」が組織され、昭和60年には活動組織としての確立を目指して両者が統合し「日本青年国際交流機構」が発足しました。

日本青年国際交流機構では、青少年国際交流事業既参加青年の事後活動としての国際交流活動を一層発展させ、各地域での交流活動を充実、強化するために、ボランティアを強力に支援できる体制の確立が不可欠であると考え、公益法人の設立を目指して長年にわたり取り組んできました。この趣旨が理解され、平成6年4月財団法人青少年国際交流推進センターの設立が許可され、平成25年4月に一般財団法人へ移行しました。日本青年国際交流機構は、同財団と密接な連携の下に、国際交流活動を基本とした社会に貢献しうる活動を目指しています。

※1「青年海外派遣」「青年の船」「東南アジア青年の船」「日伯青年親善交流」「日本・中国青年親善交流」「オマーン親善交流」「国際青年年記念青年海外特派員派遣」「日本・韓国青年親善交流」「世界青年の船」「国際青年育成交流」「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」「グローバルリーダー育成事業」など。


活動方針

「社会でリーダーシップを発揮できる人材育成を目指して」

現代のグローバル社会においては、幅広い視野を持って柔軟に新しい取組を考え、実行できる人材が必要とされています。平成27年の日本青年国際交流機構設立30周年を機に、次の10年を見据え、 内閣府青年国際交流事業で培われた青年育成のノウハウと事後活動組織として半世紀を超え築き上げた実績とネットワークをいかし、社会で活躍できる人材育成に取り組んでいます。また、全国の会員が有機的につながり、互いの活動をより良くしていく活動を推進し、さらなる組織の活性化に取り組んでいます。

1.青年層活性化の基盤づくりに取り組もう
Building infrastrucutre that will support the development of youth in Japan.

社会活動における青年のニーズを把握して、青年の活動の場作りと環境整備に取り組むべく、国に対して青年施策についての提言を積極的に行います。同時に、これまで培ったノウハウを次世代へ継承するとともに、他団体との連携等による地域活動の促進、青年による社会の活性化を目指します。

2. 地域社会を活性化するとともに地域に貢献できる人材育成に取り組もう
Activating community and developing people’s ability to contribute to the community.

地域における国際交流活動を含む社会活動に積極的に取り組み、世界との距離を狭めるとともに、地域のニーズに合った貢献ができる人材の育成に努めます。

3.国際ネットワークをいかした国際協力活動に取り組もう
Utilizing our international network to develop collaborative projects.

国内外における様々な課題に対応するため、国際協力活動を推進し、社会に貢献します。


組織

日本青年国際交流機構の中央組織は、会員相互の交流を図り、都道府県での活動が円滑に行われるよう連絡調整の役割を果たすとともに、内閣府青年国際交流事業に参加した外国青年との連携強化を推進しています。

都道府県青年国際交流機構は、地域の国際交流活動の振興に寄与し、広く社会への活動の輪を広げて行くとともに、内閣府の行う青年国際交流事業の発展に協力することが主な活動です。


役員

役職氏名参加事業
会長高下 正晴H2世界(3回) 、H28日中(38回副団長
副会長(国際)白鳥 正信H5東ア(20回)、H15東ア(30回NL)、H24ヨルダン(19回副団長)
副会長(組織)本田 温子H10世界(11回)
副会長(広報・PR)長末 辰也H12世界(13回)、H23世界(24回NL)
副会長(活性化)田中 純子H7世界(8回)
副会長(地方)石崎 好章H13日韓(15回)

ブロック幹事

北海道・東北伊勢 みゆきH12世界(13回)、H19日中(29回副団長)、H24コア・ドイツ(11回)
関東松川 裕子H3東ア(18回)
北信越樋口 敦子H5世界(6回)、H11フィンランド(6回副団長)、H15ドミ共(10回副団長)
東海白木 邦貞H17世界(18回)、H26日韓(28回副団長)、H29世界(30回SNL)
近畿寺西 由佳H12世界(13回)、 H24日韓(26回副団長)
中国 池田 俊貴 H20コア・イギリス、H28日韓(30回副団長)
四国坂本 愛H9東ア(24回)
九州村本 きよみH10世界(11回)

幹事

事務局長田畑 静吾H16東ア(31回)
事務局次長/幹事(財政担当)鹿島 健H22日韓(24回)
事務局次長尾張 大隆H24コア・ドイツ(11回)
幹事(船事業)小島 まき子H20世界(21回)、H29世界(30回NL)
幹事 (航空機事業)小田 玲実H19日中(29回)、H25日中(35回渉外)、H27日中(37回渉外)
幹事 (広報・PR)池田 隆行H21世界(22回)
幹事 (活性化)大郷 和成H25コア・ニュージーランド(12回)

監査役

監査役野村 隆紹H6日中(16回)
監査役赤木 功H7世界(8回)、H21コア・ドイツ(8回団長)、H27コア・オーストリア(14回団長)

顧問及び参与

顧問大河原 友子S62東ア(14回)、H13ジンバブエ(8回団長)
参与中野 智昭S61船(20回)、H7日韓(9回副団長)
参与田中 克宜S54アフリカ(21回)、H6日中(16回副団長)
参与上杉 聖次S54船(13回)
参与吉岡 誠H21日韓(23回副団長)

IYEO事務局

事務局員川島 菜穂H23東ア(38回)
事務局員川嶋 伸明H14日韓(16回渉外団員)、H17日韓(19回渉外団員)、H28日韓(30回渉外)
事務局員桑原 真哉H17チリ(12回) 、H26日中(36回副団長)
事務局員洲崎 長子H5世界(6回)、H12フィンランド(7回副団長)、H13世界(14回NL)
事務局員栗山 京子H17コアオーストリア(4回)、H25日韓(27回副団長)

平成30年(2018年)4月1日現在
参加事業:航空機派遣(派遣先) 青年の船(船) 東南アジア青年の船(東ア) 世界青年の船(世界)


運営委員会

運営委員担当幹事

役職氏名参加事業
副会長(活性化)田中 純子H7世界(8回)
副会長(広報・PR) 長末 辰也H12世界(13回)、H23世界(24回NL)
幹事 (広報・PR)池田 隆行H21世界(22回)
幹事 (活性化)大郷 和成H25コア・ニュージーランド(12回)

運営委員

氏名 参加事業
鈴木 良祐H24韓国(26回)
富澤 明久H25韓国(27回)
市川 高H27ドミ共(22回)
竹中 里帆H25リトアニア(20回)
石井 誠也H29中国(39回)
犬尾 陽子H18東ア(33回)
中里 咲季H29東ア(44回)
山本 雄士H22世界(23回)
小野 かつみH25GLDP(1回)
中山 愛H27コア・ドイツ(14回)
岡野 世奈H30韓国(32回)
中井澤 卓哉H29東ア(44回)
中野 晃介H30東ア(45回)
古川 遼H30東ア(45回)
吉村 茂子H17世界(18回)
中野 絵理H20世界(21回)
林 ひかりH21世界(22回)
諏訪間 健H27 SWYリーダーズ(28回)
中川 将H27 SWYリーダーズ(28回)
川口 健太H28 SWYリーダーズ(29回)
村瀬 美咲H28 SWYリーダーズ(29回)
樋口 尚子 H29 SWYリーダーズ(30回)
福原 英信 一般会員
横倉 萌子 一般会員

平成30年(2018年)4月15日現在
参加事業:航空機派遣(派遣先) 青年の船(船) 東南アジア青年の船(東ア) 世界青年の船(世界)   グローバルリーダー育成事業(GLDP)