日本青年国際交流機構
     


事業名
国際青年育成交流事業
日本・中国青年親善交流事業
日本・韓国青年親善交流事業
次世代グローバルリーダー事業「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」
地域課題対応人材育成事業「地域コアリーダープログラム」
訪問国
ドミニカ共和国
ラオス
リトアニア
中国
韓国
ニュージーランド、フィジー

[世界10か国の外国青年約120人と共に船内で共同生活をしながら各国を訪問]
英国
(高齢者関連活動)

フィンランド
(障害者関連活動)

ドイツ
(青少年関連活動)
実施時期
(期間)

9月9日〜9月26日

8月30日〜9月10日

8月28日〜9月11日

平成29年1月23 25日〜3月4 6

10月9日〜10月18日

18日間
12日間
15日間
陸上研修 7日間
船上研修 34日間
10日間
募集人員
各国 14人
25人
25人
120人
各国 8人




国籍
日本国籍を有すること
年齢
(平成28年4月1日現在)
18歳〜30歳
  (昭和60年4月2日〜平成10年4月1日生まれ)
23歳〜40歳
(昭和50年4月2日〜平成5年4月1日生まれ)
事後活動
事業参加後も、国際交流活動、青少年活動等の社会活動を活発に行うことができる者
語学力など
交流活動を円滑に行える英語力を有すること
訪問国の公用語による簡単な日常会話能力があれば望ましい
交流活動を円滑に行える英語力を有すること
高齢者関連、障害者関連又は青少年関連の社会活動経験を原則3年以上有すること

(英語による簡単な日常会話能力があれば望ましい)
その他
内閣府の行う青年国際交流事業にかつて参加したことのある者は応募できない。

事前*1
7月4日〜7月9日
9月10 11日〜9月15 16
6月24日〜6月26日
出発前/出航前
9月7日〜9月8日
8月28日〜8月29日
8月26日〜8月27日
平成29年1月21 23日〜1月22 24
10月7日〜10月8日
帰国後
9月27日〜10月1日
9月11日〜9月12日
9月12日〜9月13日
平成29年3月3 6日〜3月4 7
10月19日〜10月20日
参加費*2
17万円程度
10万円程度
8万円程度
28万円程度*3
10万円程度
事後活動組織入会について

各事業に参加した後は、社会活動に取り組んでいる日本青年国際交流機構(内閣府の青年国際交流事業に参加した青年等が自主的に組織している事後活動組織)に入会して、そのネットワークをいかしながら様々な形で活動することが基本となる。
(入会金 3万円)

応募窓口

日本青年国際交流機構(IYEO)
〔参加申込書、作文等をメールまたは郵送で提出〕

健康診断書は別途内閣府へ郵送で提出

応募書類提出締切*4

-

-
-
5月25日(水)
消印有効
-
健康診断書提出締切 ※内閣府に提出、中間選考を通過した者
-
-
-
5月31日(火)
消印有効
-
事業名
国際青年育成交流事業
日本・中国青年親善交流事業
日本・韓国青年親善交流事業
次世代グローバルリーダー事業「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」
地域課題対応人材育成事業「地域コアリーダープログラム」



事業概要
PDF
※2016年4月21日更新
応募要領
PDF
※募集は締め切りました
PDF
※募集は締め切りました
PDF
※募集は締め切りました
PDF
※募集は締め切りました
申込書

Word

Word

Word

Word

Word

作文*5
推薦書
---
---
---

Word

Word

健康診断書

Word

Word

Word

Word

Word

           

*1 事前研修は、最終選考を兼ねる。

*2 研修費用の一部、渡航手続費用及び船内供食費(船事業のみ)など。その他、選考にかかる費用や事前研修参加時の上京・帰郷旅費、予防接種料などは、別途参加青年本人の負担となる。金額は概算であり、事業終了清算する。なお、出発前/出航前研修に参加するための上京旅費及び帰国後研修終了後の帰郷旅費については旅費に関する規定に基づき支給される。

*3 次世代グローバルリーダー事業に関しては、経済的理由により参加費の納付が困難な場合に、参加費の免除を申請することができる。内閣府において申請書及び必要書類を審査し、選考基準を満たした者のうちから認定された者の参加費を免除する。申請様式については、中間選考合格後、内閣府あてに提出すること。

*4  応募書類をメールにて提出する場合は、上記締切の翌日の午前9: 30を締切とする。

*5 作文の様式は基本的に自由。こちらの様式を使って提出することも可能。

※ 日本・中国青年親善交流事業、日本・韓国青年親善交流事業は同時に募集・選考を行う。

※ 事業概要及び応募要領の内容は、平成28年度予算政府案に基づく平成28年3月時点の予定。訪問国、日程等については、今後変更になることがあるので、最新の情報は、内閣府ウェブサイトにて適宜確認すること。

※ 全日程の参加必須。

※ 平成28年度の事業に関し、既に都道府県又は青少年団体(団体推薦)に応募した者は、今回の追加募集に対する応募はできない。

 

応募書類提出先(事業、または事業参加に関するお問い合わせは内閣府にお願いします)

日本青年国際交流機構(IYEO)
平成28年度内閣府青年国際交流事業 追加募集受付担当

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-35-14 東京海苔会館6階
E-mail : caoboshu@iyeo.or.jp

事業に関するお問い合わせ及び健康診断提出先

内閣府 青年国際交流担当室
〒100-8914 東京都千代田永田町1-6-1
電話:03-6257-1434 (月〜金 9:30〜18:15)

広報用チラシPDFファイル(ダウンロードしてご活用ください)

・国際青年育成交流事業、日本・中国青年親善交流事業及び日本・韓国青年国際交流事業
・地域課題対応人材育成事業「地域コアリーダープログラム」
・次世代グローバルリーダー事業「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」